寂しい夜はデリヘル嬢と過ごす

好みの風俗嬢とエッチなプレイをした

デリヘルのホムペを見ているときにすごく可愛い風俗嬢を見つけた。自分好みの女の子ってなかなか見つからないから、風俗嬢であっても好みの女の子が見つかったことは素直に嬉しい。彼女とはエッチなプレイなしでもいいから一度会ってみたくなったので、デリヘルに電話をかけて家まで派遣してもらった。久しぶりに好みのタイプの女の子と会えると思っただけでドキドキが止まらなくなった。そして、約束の日時に彼女がピンポン鳴らして部屋に入ってきた。彼女を始めてみた時にすごく胸の鼓動が早くなって恥ずかしくなったのを今でも覚えている。顔を真っ赤にして恥ずかしがっている俺とは対照的に彼女はすごく落ち着いていて、余裕の笑みを浮かべながら俺の事を撫でてくれた。彼女がプレイ内容等の説明をした後は、一緒にシャワーを浴びてそのままエッチなプレイに入った。初めから積極的に攻めてくれる彼女のテクに俺の肉棒は敏感に反応して、制限時間がたっぷり残った状態で射精してしまった。